ウォータースタンド デメリット 困ったある問題点とは

ウォータースタンドの種類によって置き場所に困る?

ウォータースタンドには種類があります。そのため、サイズ選びを間違えてしまうと置き場所に困ることがあります。スペースに余裕がないときには、卓上型を選ぶなど工夫が必要です。どれでも同じというわけではありませんので、自宅に適したものを選ぶという作業が求められます。見た目で決めてしまったり勧められるがままに機種を決めるのはよくありません。用途や空きスペースに合ったものを選ぶことで、快適に使うことが可能です。

従来のウォーターサーバーのように災害用の水にできない

ウォータースタンドは従来のウォーターサーバーとは異なり、災害用の水として使用することはできません。ウォータースタンドは水道水を利用するからです。そのため、水の料金を別に用意する必要がなくお得に利用することができます。備蓄水としてお水を用意したいのであれば、別の形で備えるということが必要です。緊急時に使えると思い込んでいると、いざという時に困ってしまいます。目的と用途をきちんと把握した上でウォータースタンドを利用するとよいです。

エコサーバーだと水道直結式のメリットがない

工事不要で気軽に始められるエコサーバーですが、水道直結式のメリットが得られないというデメリットがあります。選べる機種が少ないですし、重たいタンクを自分で設置しなければいけません。卓上型でもありませんので、コンパクトに置けるというメリットも得られません。キチンとセット出来ないときには水漏れのリスクもあります。手間を省いて苦労をせずにメリットを十分に得たいと考えているのなら、慎重に検討する必要があります。

コンパクトにするとお湯や冷水が出せない(例えばメイト)

ウォータースタンドは全てに同じ機能が備わっているわけではありません。例えばラピアネオス2やメイトのようなコンパクトなタイプを選んでしまうと、お湯や冷水が出せないというデメリットがあります。出せなくても、使用用途によっては問題がないこともありますが、そうでない場合は困ってしまいます。サイズのことも気になりますが、目的や使用用途に合わせることが重要です。サイズのことだけでなく機能のことも考慮に入れて、家庭に合った機種を選ぶとよいです。

味がまずい?CMが炎上?いろいろ言われていますが…

ウォータースタンドの水はまずいなどcmが炎上していますが、水道直結式であるため無味無臭です。水道水をフィルターに通すことで使用していますので、フィルターの性能により異なります。また水道水を使用しますから、各家庭により状況は違ってきます。美味しいという基準も個人で異なりますので、機種選びを慎重に行うなどの工夫をするとよいです。気になる方は、ウォータースタンドの試飲会や展示会に足を運んで実際に試してから決めるのがおすすめです。